Follow us on Facebook:

  • Facebook App Icon

Copyright © James Farrer ー All Rights Reserved.

Nishiogiology is an ethnographic research project centered in the Tokyo neighborhood of Nishiogikubo, focusing on urban foodways, the meanings of culinary work, and the ways community life is formed around food. It is led by James Farrer, a sociologist based at Sophia University in Tokyo.

 

「西荻町学」は東京都杉並区「西荻窪」に焦点を当てた民族学的研究プロジェクトだ。研究主体は、都市の食文化、料理人の仕事、コミュニティー参加である。このプロジェクトは、上智大学社会学教授ファーラー ・ジェームスが主体となって運営している。

Featured Articles / 特集記事

A sake tasting at Nishiogi’s 90-year-old Mitsuya Liquor Shop entices consumers with tastes of traditional Japanese sake culture. Representatives from pedigreed provincial brewers present their wares with a warmth rare in “cool” Tokyo, 

........ Continue in English

西荻の老舗酒店「三ツ矢酒店」の酒試飲会では、米の国、日本の食文化を味わえる。遠い地方からやってくる蔵元の人々は、クールな東京ではあまり感じられない情熱さで彼らの酒を紹介する。

........ 日本語で続きを読む

Kokeshiya is most famously associated with a group of scholars, artists, actors and other intellectuals who began gathering on the second floor of the building, even before it opened to the public as a café. When it began meeting in 1947, this remarkable intellectual salon was called Kokeshi Society, named after a traditional Japanese wooden doll (kokeshi) placed in the corner of the meeting space. ........ Continue in English

 

フランスレストラン「こけし屋」は、西荻の他の飲食店よりも強く、戦後の西荻窪のイメージをつくりあげたといえよう。 ........ 日本語で続きを読む

 

“Nishi-Ogikubo is a neighborhood of overlaps, a neighborhood of intersections,” said Ōta Tetsuji,  Nishiogi was not a place at all until recently, but only a space in between other towns. So, when and how did Nishi-Ogikubo become a “neighborhood”? 

......... Continue in English

「西荻窪は狭間の町、交差点の町だ」。西荻窪をこう表現したのは西荻の歴史に詳しい太田哲二氏である。太田氏が指摘しているように、西荻窪は最近まで西荻窪という単独の場所ではなく、単に他の町と町の間の場所とみなされていた。では、いつ、どのように西荻窪が「町」、そして控えめであるが有名な町になったのだろうか?

........ 日本語で続きを読む

For newbies like us, a “snack bar” is a night school, with the Mama-san residing as the chaired professor and the regular customers serving as guest lecturers. History, sociology, musicology, even astronomy all are on the syllabus...... Continue in English

われわれのような「スナック新入生」にとって「スナック」は夜間学校である。ママさんが議長を務め、常連客は客員講師を務める。歴史、社会学、音楽学、天文学までもがシラバスに入っている。情報は必ずしも信頼できるものではないが、学問分野で私たち​​が学んでいる、いや、そこではなかなか得られないような内容まで、ウィットたっぷりに講義されている。

........ 日本語で続きを読む

Fading photos of Japanese hippies and American beat poets, vegetables sourced from a network of organic farmers, how a hippie greengrocer became the bohemian face of a bourgeois Tokyo community.

........ Continue in English

 

昔から西荻は二つの顔を持つ。一つは「金持ち」が住む、とてもブルジョワ的な ベッドタウンの顔。二つ目の顔は ちょっと小汚い文化人が集まるボヘミアンの町の顔。その第の二の顔で西荻を代表するのは、「ほびっと村」という古く、ツタに覆われた三階建ての建物をおいてほかにないだろう。

........ 日本語で続きを読む

 

Shimizu-ya bakery is nearly a museum piece of Showa-era (1926-89) bread culture. With a showcase brimming with old-style products, an abacus and a vintage cash register, it has been cherished by local residents for 47 years. The owner is 82 year-old Kanahara Yuzaburo, born in 1934, and a baker for 65 years.

......... Continue in English

47年前から町の人達に愛され続けているパン屋、しみずや。昔ながらの佇まいの店のショーケースには、昔ながらのパンが並ぶパン屋である。お店の中にはそろばんと年代物のレジスター。

........ 日本語で続きを読む