Featured Articles / 特集記事
%E8%A5%BF%E8%8D%BB%E6%96%AD%E5%AF%86%E5%

How have Nishiogi's independent restaurants survived the pandemic? Support from the broader community, including online organizations such as Nishiogi Takeouts, has been a big factor.

..........Continue in English

西荻町学、更新しました。

今回は、緊急事態宣言の中、西荻の個人経営の店はどのようにしてコロナ禍の中生き抜いているのか?をオンラインインタビューを通じてうかがっていきました。

地元住民の動きが飲食店コミュニティーの忍耐力の源となっているかもしれません。

........ 日本語で続きを読む

Kokeshiya is most famously associated with a group of scholars, artists, actors and other intellectuals who began gathering on the second floor of the building, even before it opened to the public as a café. When it began meeting in 1947, this remarkable intellectual salon was called Kokeshi Society, named after a traditional Japanese wooden doll (kokeshi) placed in the corner of the meeting space. ........ Continue in English

 

フランスレストラン「こけし屋」は、西荻の他の飲食店よりも強く、戦後の西荻窪のイメージをつくりあげたといえよう。 ........ 日本語で続きを読む

 

“Nishi-Ogikubo is a neighborhood of overlaps, a neighborhood of intersections,” said Ōta Tetsuji,  Nishiogi was not a place at all until recently, but only a space in between other towns. So, when and how did Nishi-Ogikubo become a “neighborhood”? 

......... Continue in English

「西荻窪は狭間の町、交差点の町だ」。西荻窪をこう表現したのは西荻の歴史に詳しい太田哲二氏である。太田氏が指摘しているように、西荻窪は最近まで西荻窪という単独の場所ではなく、単に他の町と町の間の場所とみなされていた。では、いつ、どのように西荻窪が「町」、そして控えめであるが有名な町になったのだろうか?

........ 日本語で続きを読む

Willow Alley Open Doors_edited.jpg

Nishiogiology is an ethnographic research project centered in the Tokyo neighborhood of Nishiogikubo, focusing on urban foodways, the meanings of culinary work, and the ways community life is formed around food. It is led by James Farrer, a sociologist based at Sophia University in Tokyo.

 

「西荻町学」は東京都杉並区「西荻窪」に焦点を当てた民族学的研究プロジェクトだ。研究主体は、都市の食文化、料理人の仕事、コミュニティー参加である。このプロジェクトは、上智大学社会学教授ファーラー ・ジェームスが主体となって運営している。